即効性のあるレビトラを検証

ED治療薬で男をあげる

バイエル薬品が発明したED治療薬

ED治療薬は、男性の性的悩みを解消してくれる治療薬です。
レビトラは、ED問題を解消する薬として、世界で二番目に発明された薬です。
ちなみに一番最初に発明されたのが、バイアグラです。
先に発明されたバイアグラは勃起力などの効果が凄いのですが、性行為に及ぶ1時間前に服用しなければならない、また食事の影響を受けやすいため、食後の服用はできないなどの制約があり、使いづらいというのが問題でした。
そんな問題点を解消することができたのが、レビトラです。
この薬は2003年にドイツに存在する製薬会社、バイエル薬品で発明されました。
日本では、なんと翌年の2004年度には認可が下りています。
先薬のバイアグラに比べると薬の成分が分子構造的に水に溶けやすいという利点があります。
有効成分はバルデナフィルという成分で、バルデナフィル塩酸塩水和物という薬名です。
他のED治療薬、バイアグラやシアリスは水に溶けにくいという難点がありましたが、バルデナフィル塩酸塩水和物はエタノールや水に早く溶けるという利点があるのです。
その即効性の凄さは、最高血中濃度に達するまでの時間が、なんと42分から54分というスピードです。
さらに薬の即効性を高めるには、食事の影響を受けにくい薬ですが、満腹時よりも空腹時の方が、さらに高まる傾向があります。
また研究データーによると食事の中に含まれる脂肪分が30パーセント以上を占めると薬の効果が少し弱くなる傾向があるので、やはり、服用前にはいくら食事の影響を受けないからと言っても、ステーキなどをガッツリと頂かない方がよいと言えます。
製造元のバイエル薬品の小冊子によると、あくまでも標準的な食事メニューにおいて、効果を期待できるということなので、脂っこい食事は避けた方がよいと言うことです。
薬の持続効果については、即効性もあり、効果は10ミリグラム服用した場合だと5時間程度、20ミリグラム服用した場合だと7時間から10時間程度であると言われています。
薬の効き目が早い分、副作用もバイアグラに比べると、強い傾向があります。
最初に試してみる場合は、少量の20ミリグラムから始め、自分にはどのくらいの速さで効き目が現れてくるか、またどのくらいの効果が継続するのかをしっかりと頭にいれておくとよいでしょう。
この薬はいつでも常備しておけば、他のED治療薬に比べると即効性があるので、役立ちます。
いざという時のために財布や隠しポケットに錠剤をしまっておくとよいでしょう。